デリケートゾーンの脱毛の注意点

680a6c9cfbf4c0396efbbb651ac04492_s

デリケートゾーンの脱毛にしても、他の部位の脱毛と同じ手順。

だけど、デリケートゾーンは毛が太いし、量も多い。

そして、皮膚もとても薄い部位…

だから、痛みも感じやすいと言われている。

病院でする医療レーザー脱毛は、脱毛サロンの光脱毛よりレーザーの出力が強いので、さらに痛みが強くて、我慢できなくて、やめてしまう人もいるらしい…

医療レーザーは出力が強い分、早く効果がでるんだけれど、痛みが光脱毛より強いのがデメリット。

皮膚が薄かったり、粘膜部分に近いので、痛みが強い場合があるんだね。

 

ミュゼや脱毛ラボの光脱毛は、ビキニラインなどのデリケートな部分には優しい脱毛ができるから、痛みに弱い人は、脱毛サロンでの脱毛のほうがいいと思うよ。

ミュゼと脱毛ラボは、同じ脱毛機を使っていて、「VIO脱毛も痛くない」と言う人が多い…

脱毛を続けていくと、だんだんと毛が細くなり、量も減ってくるので、痛みも減ってくる…

きれいになるには、我慢が必要だ…

 

そしてもう一つ、ビキニラインは色素沈着があるといろいろと対処が必要…

ちょっと黒ずんでいたりするよね、あの部分。

日焼けをしたら脱毛はできないと言ったように、黒ずんでいると、脱毛機の光が黒い色に反応してしまって、肌を痛めたり、火傷をするトラブルを起こすことがある。

それは、脱毛をしてくれる脱毛士さんの腕のみせどころで、しっかりと訓練をしている脱毛士さんなら、脱毛機の出力を低くしたり、光を当てた後のクールダウンを長めにとることで、リスクを最小限におさえてくれる。

脱毛サロンを選ぶ時は、脱毛士さんの教育・訓練がきちんと行われている脱毛サロンを選ぶことが必要だね。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です